高速道路の利用をお得にするETCカード

ETCとはElectronicTollCollectionSystemの略称で、高速道路など有料道路の渋滞防止を目的とした料金自動支払いシステムです。 高速道路の渋滞が発生する原因は、主に坂道と料金所ではないでしょうか。 坂道では知らず知らずの内に速度が落ちてしまうため、後続車に影響し料金所は言わずもがな、高速料金の支払いのために1台ずつ停止することで渋滞を引き起こします。 そこで、料金所を通過するのに一々停止して料金を支払うのではなく、料金ゲートを通過するときにセンサーで感知して自動精算システムでカード払いにすることによって、スムーズに料金所を通過させるのがETCです。 これによって渋滞を緩和させます。 そして、この自動精算に用いるのがETCカードです。 ETCカードは、ETC機能のみで単独で発行されるカードやクレジットカードに付帯するカードがあります。 年会費永年無料、ポイントが貯まるシステム、即日発行できる、ロードサービスが充実しているなどカードごとにお得さが変わるため、どれがいいとは一概には言えません。 自身のニーズに沿うカード契約ができるように、各社の特徴をよく比較したうえで検討したほうがいいでしょう。 ちなみに、ETCカードで精算することで、利用状況に応じて高速道路料金が割り引かれる制度が導入されています。 よって、日ごろからよく高速道路を利用する人ならETCを導入したほうがお得に利用することが可能です。


【キャッシングの基本】免許証があればお金を借りることができる

カードローンは少額からお金を借りることができるため、消費者の生活の出費を助けてくれる融資商品として幅広く利用されています。 足りなくなった生活費、交際費、交通費、教育費など生活上のどのような用途に充てることも可能、借り入れ手段は銀行振り込みから全国のATMにまで対応しているため高い利便性を持ち合わせています。 また、申込み方法も簡単なのが特徴で、担保や保証人、印鑑は不要、必要書類として身分証明書があれば契約することができます。 融資を行う場合、金融会社は身元が知れない人にお金を貸すことはできません。 そのため、身分確認を行う必要があり、そこで必要になるのが身分証明書です。 身分証明書は信頼性第一ですので、顔写真付きという点で一番いい証明書は運転免許証になるでしょう。 ただ免許証を持っていないという人もいますので、その場合はパスポートや保険証なども証明書として認められます。 基本的にカードローン契約は身分証明書のみでできますが、契約条件によっては収入証明書の提出も必要になります。 収入証明書は給与明細や源泉徴収などで構いません。 融資条件に合わせて、こちらも用意しておきましょう。 申し込み自体はインターネットから行うのが主流です。 申し込みをして審査を受けて、審査に通過できたら身分証明書の提出となります。 提出方法は郵送、メール、FAXに対応しています。 早く融資を受けたい人はメールかFAXを利用するようにしましょう。


このページのトップへ